心無い人たち

実は私が働いているのは、障害福祉の会社なんです。なので、私は直接かかわってはいないのですが、障害を持った人たちのマネージメントみたいなことをしているんですね。それで、新しい事業所を立ち上げることになり、近隣説明会がこの間、開かれたんです。

ところが、近隣説明会に来てくれた人たちの中には、心無い一言を言いまくるおばさんたちが…。
「障碍者が道を歩いていたら危ない」
「障碍者は子供にいたずらするんじゃないか」
「障碍者が近くにいると気持ちが悪い」
「障碍者の近くに暮らしたくない」
などなど。

今まで障碍者の方とは無縁だった私も、これにはびっくりしました。
あまりにひどい差別、あまりにひどい言いがかりではないですか?

逆に私たちは結束を強くして、この差別に立ち向かおうと思いました。
けれどいつか、こういうことを言った人の子供さんや、自分が障碍者になることもあり得るってこと、
気づいてくれるといいのになと思います。
実際利用者さんには、事故で障害を負ってしまったかたもいらっしゃいますからね。

コメントは受け付けていません。